田嘉里共同売店
『最初に読む料理本』

価格
2,530円(税込)

購入数

田嘉里共同売店の山上と申します。

沖縄では現時点で当店が唯一の販売所となっていますこの本の紹介を書いてみました。


私は最初に読むべき料理本を読んでなかった、とこの本に接して思った。

『最初に読む料理本』ついて書く機会があったらこの出だしでキメよう!と思いながらずいぶんと時が経ってから書いた拙文ですが・・・ご興味がある方ぜひご一読ください!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


『最初に読む料理本』を語るにはさまざまな切り口がありますが、悩んだ末、4つ上げてみました。

1.まず、この本を作った温野さんは、知る人ぞ知る季刊誌『自然栽培』(現在休刊)の元編集長さんで、雑誌や投稿を通して自然栽培の素晴らしさを全身全霊で伝えてきた方です。まきさんを敬愛する数々の理由の一つに、素晴らしいバランス感覚があります。自然栽培という、世間一般からするとかなり尖ったジャンルに特化しているのに、その均整の取れた語り口ゆえどんな人が読んでも引き込まれ、共感してしまいます。そのまきさんが、この書籍を通してどんなことをどんなふうに私たちに、社会に伝えようとしているのか。

2.監修・料理の人として異色な古谷氏の経歴
「10代より渡欧し、ミュージシャンとして活動後、丹沢の山にて猟と食に携わる。」
このようなバックグラウンドの人によって展開される『最初に読む料理本』とはなにか。

余談としてフェイスブックで紹介されていた、まきさんがこの方と出会いいっしょにお仕事をするようになった経緯も、古谷さんご自身に関する詳しいエピソードもすごくおもしろいんです。

3.この本のレシピには分量がありません。自分の感覚を信じろと我々読者を対等に扱い信頼してくれているスタンスが、大人のお付き合いって感じで、洗練されていて、緊張感があります。

4.あえて一般書店やアマゾンでは販売していないという徹底ぶりです。既存の出版業界に対する身を挺した疑義の提示。新たな出版の形へのストイックなチャレンジ。
評判が評判を呼び、重版が決定したそうです!ばんざーい!かっこいい!!!

あ、なぜ最初に読むべき料理本を読んでなかったと思ったかの説明になっていませんね。
それはご自身で本を手に取って感じてみてくださいね(と逃げてみる)。
私は遠くに住む自分の子供たちや、巣立ってゆく友達の子供たちへのお餞別にこれを贈っています。

ちなみに、沖縄では田嘉里共同売店が最初の取扱店だとか。やったー!

売店まで遠い方はこちらから。
https://www.shigurebooks.com/



〜やんばるONLINE共同店とは?〜

地元やんばるでモノづくりをしている人たちが集まり、
自由に商品をならべて売れる空間。
みんなで知恵とモノを出しあって、
大切にそだてて いきたいと思っています。

詳しくはコチラ
熨斗の表書きへの名入れ、メッセージカードへのメッセージ記入について

ご希望の場合は、[配送設定の入力]画面のメッセージカード内容にてお申し付けください。

●配送・送料について

宅急便でお届け致します。特にお届け予定日のご指定がない場合は3営業日以内に発送致します。
ただし、銀行振り込みの場合はご入金確認後の発送となります。
送料についてはこちらをご覧ください。

送料について
●ギフト包装・熨斗について

ギフト包装は1包装につき100円(税抜)で承ります。
また、2本入りのギフト箱をご利用の際は、別途230円(税抜)
専用の手提げ箱をご利用の際は別途100円(税抜)のご負担をお願いしております。
ギフト包装・熨斗の詳細についてはこちらをご覧ください。 

ギフト包装・熨斗について
●アルコールの販売について

20歳未満の飲酒は法律により禁じられております。
※当店は20歳未満のお客様への酒類の販売は致しておりません。